Fandom

RF Online Database

攻略

648このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

聖戦一般編集

聖戦編集

  • 6:0014:0022:008時間毎に訪れる、3種族入り乱れての種族vs種族(RvR)戦争です。
  • 聖戦は「統制装置破壊」と「チップ伝達戦」、「キーパー防衛戦」の3つの段階を経て行われます。
  1. 全キャラクターに1時間前から開始時間を告げるカウントダウンが表示されます。
  2. 開始時間になると種族管理人から聖戦クエスト伝達のメッセージが届きます。
    この際、戦争の経過時間を示す時計、クエスト状況が表示されるようになります。
  3. 聖戦時間内に決着がつかなかった場合、その時点で聖戦が終了します。
  4. いずれかの種族のCUが破壊されるとチップ伝達戦が開始します。
  5. 勝利種族はチップ伝達、他の種族はチップ伝達を阻止します。
  6. ホーリーストーンキーパーが出現します。
  7. ホーリーストーンキーパー防衛戦。キーパーの出現から30秒が無力時間になりチップ勝利種族はキーパーの防衛、チップ敗北種族はキーパーの撃破を目的に戦闘、この結果で種族Buff、Debuffが決定

兵役と恩賞編集

  1. まず、Lv25以上はホーリーメンタルスキャナクエストのクリアが目標です。
    ホーリーメンタルスキャナは聖戦時間内にCU周辺にいる敵種族NPCから入手できます。
  2. 敵CU付近のNPCを倒しホーリーメンタルスキャナを確保し、
  3. 味方種族がLAを取り、敵CUを陥落させると聖戦開始からCU陥落までに失った貢献度の回復、
  4. スキャナ獲得時にはさらに鉱山最深部の採掘権を取得と貢献度5,000と種族通貨50,000のボーナス
    lv25以上でログイン中のキャラクターには聖戦クエストが発生する
  5. チップ伝達戦に失敗すると採掘時間延長なし、成功すると勝利種族は採掘時間を最長まで延長。
    LAに次回聖戦時まで防御+50%のボーナス
  6. ホーリーストーンキーパー防衛戦で、チップ伝達側はキーパーを防衛、伝達阻止側はキーパー撃破を目指し、勝利ボーナスと敗者ペナルティとして、種族Buff、Debuffが決定

聖戦クエストで勝利した場合

  1. 敗北種族のトレードマシンのすべての手数料が勝利した族長に伝達されます。
  2. 税率手数料は相手の任命副族長が選択した手数料で計算になります。
  3. この設定は次の戦争結果まで維持されます。

聖戦クエストで敗れた場合

  1. その種族のトレードマシンのすべての手数料が勝利した他の族長に伝達されます。
  2. 税率手数料は敗北種族 任命副族長が選択した手数料で維持されます。
  3. 任命副族長の税率変更機能は維持されますが, 00:00時に適用されます。
  4. 敗れた種族の族長には一切手数料が伝達しません。
  5. この設定は次の戦争結果まで維持されます。税率策定は毎日制限なしに修正が可能です。

名誉ギルド

  1. 族長が特定のギルドを指定することで対象のギルドに褒章金が支払われる。
  2. 金庫としてのギルドをつくり褒章金をプールする種族もある

指揮 編集

大規模RvRには指揮が必要です。
【指揮官】
指揮官は通常、聖戦の前に決められます。必ずしも種族長が指揮を務める訳ではありません。
(もちろん種族長の独裁も可能です)
【指揮官の任務】
  • 部隊を編成し組織する
  • 作戦を立案し、実行する
  • 自種族を鼓舞する
【種族長】
  • 毎週土曜18:00〜日曜22:00の間に投票が行われ、獲得票率の最も高いキャラクタが族長となる。
  • 対立候補がいない場合は自動的に前族長が継続することになる
  • 種族チャットでログインしている同種族のすべてにチャット可
  • 他種族チャットで他種族の会話を理解可
  • YES/NO形式のアンケート権限
  • キャラクタの頭上に紫色の種族のマークを象ったエフェクトが発生する
  • ステータスボーナスで攻撃力30%上昇、防御力30%上昇
  • クリティカルボム使用権
  • 指名手配、PT禁止、チャット禁止権
  • 名誉ギルド指定権
  • 副種族長1名、委員(攻撃、防御、支援)3名の任命権
【副族長】
  • 選挙選出と種族長任命の計2人
  • 統制装置(CU)のHpを確認可能
  • 任務は種族長の補佐
  • ステータスボーナスで防御力50%上昇
  • クリティカルボム使用権あり 参照
  • 任命副種族長はTM税率決定権があります
【攻撃隊長】
  • 選挙選出と種族長任命の計2人
  • ステータスボーナスで攻撃力20%上昇
【防御隊長】
  • 選挙選出と種族長任命の計2人
  • ステータスボーナスで防御力20%上昇
【支援隊長】
  • 選挙選出と種族長任命の計2人
  • 専用の範囲Buffで前線を支援するのが役目
【リーダーチャット】
  • 種族長グループメンバーは専用チャットが使えます
【聖戦PT】
  • 多くの場合、指揮官、族長、副族長はPTを組みます。PTチャットは敵種族の諜報(チャット盗聴)に対抗出来ます
【種族長チャット】
  • 全てのマップにチャットが伝わる。
  • 種族ランキング1〜5位の族長と副族長・対話のジェイドの所持者が使用可能。
  • 全てのマップにチャットが届くので誤爆に注意
  • 「/race 内容」でチャット可能

外交 編集

RFのRvRは3種族の三つ巴戦です。場合によっては、敵種族と同盟を結ぶ場合がある。
ただ、同盟になるとお決まりの展開になり面白みに欠けるので最近では戦力差がついても
同盟を組むこと自体敬遠されつつある。

戦況編集

勝利には「天の運、地の利、人の徳」が必要と云われる様に、ゲームシステムやIN率は戦況を少なからず左右するでしょう。しかしプレイヤーのアイディアで戦況を打開することも聖戦の醍醐味です。

【全体的な傾向】
  • 中央以外での採掘が不可能になったため聖戦での勝利が不可欠になる。
  • CU強化により奇襲の効果が皆無になった。
  • PVPポイントの導入でキーパー不在時の堀場襲撃が常態化。
  • 上記の影響で安定して採掘できる種族にプレイヤーが流れ、朝昼はワンサイドゲームの傾向に。
【サーバーの特徴】
    • T鯖・・・SEGA時代からの古参兵のデータを引き継ぎ、最も成熟したサーバー
    • G鯖・・・Zで2番目の鯖、SEGA時代の古参が流れ込む
    • C鯖・・・Zで3番目の鯖、新規が多いが、古参もいる
    • L鯖・・・Zで4番目の鯖、新規多数、元いた鯖に飽きた古参が流れ込む
【アクレシア帝国】
  • CG攻撃力が飛躍的に上がり、アクレシアの破壊スピードはコラと同等もしくは上と見て良い。
  • 小規模ながらCGラインも復活。
  • 一撃で敵兵を沈める火力は他種族にとって驚異である。
  • しかしコラの杖はランチャーの天敵とも言えるほど相性が悪く、成熟したサーバーでは人数、総合戦力共にベラより低くなることが多い模様(韓国鯖、日本T鯖の状況)。
【ベラート連邦】
  • ベラート連邦はプレイヤー全体の火力の上昇にたいして種族特性を生かしにくいため単独での攻めに向かず
  • 兵力に勝る軍が『最初に攻め大幅に削ったCU』を臨機応変(単なるハイエナ)に攻略目標とすることが有望な作戦となります。
  • ホーリーチャンドラのPTヒール能力とゴリアテのネットを生かすと脅威となる。【勝てるポイントでショウブです!】
【神聖同盟コラ】
  • 聖戦動員数は総じて多種族に勝りますが、現在の聖戦は数に任せた攻撃で勝てる状況ではありません。
  • 現在のコラの最重要課題として個の「質の深化」が挙げられます。
  • コラの特徴であるフォースの火力と強力なデバフを活かすためには前衛の戦士職との連携が欠かせません。遠隔職の遊撃偵察や蘇生職の応急支援にも期待がかかっています。生産職は種族の営みを続けていくうえでのバランサーという非常に重要な役割があります。どれも大事なクラスばかりです。
  • CU破壊速度はコラに利があるので、CU包囲に持ち込むことが出来ればコラの勝利は目前です。【流れには想うに負かせないところも多々あるものだとオモイマンテル】
  • 一方で、防衛には難があり、個の防御力の弱さもあって一度CCUを包囲されれば無傷ではいられません。ちからをあわせてがんばりましょう。

クレッグ鉱山地形 編集

地形を理解し、利用することが勝利の近道となります。
【兵力吸収性】
  • 陸上戦力は地形の影響を多大に受ける。
  • また、戦地域が拡大すればするほど、作戦線は伸長して戦力の密度は低下し、兵站の負担は増大し、指揮統率はより困難になる。特に敵地へ侵攻する場合、この性質は顕著となる。

クレッグ鉱山の地形名称

ACU
  • CUとは各種族の「コントロールユニット」の略。統制装置の事。 聖戦時に最優先攻撃目標となる場所。使用例「CU攻撃」「CU防御」 ACU=アクレシア帝国のCU。鉱山南東。
BCU
  • BCU=ベラート連邦のCU。鉱山北西。BCUは他の2つから離れてるから攻め込まれにくく、螺旋や中央までの距離が近いためもっとも有利だが、反面落とされてから伝達するまで一番早いため攻め込まれると不利。
CCU
  • CCU=神聖同盟コラのCU。鉱山北東。立地に恵まれており、ACU方向には南に下るA坂、BCU北周りには北西に下るB坂があり、敵の進行を俯瞰出来る。またB坂はCCUとCポータルで挟撃出来る。
ポータル
  • 「各種族ポータル」。ポタ。P。各種族ともCU付近にある。 類>「ポタ前」「PT封鎖(ここではポータルの事)」
螺旋
  • クレッグ鉱山中央部の螺旋状の山腹。最下層へ通じるルートの一つ。追撃、反抗などの舞台となります。
螺旋下
  • クレッグ鉱山螺旋の下部。
螺旋中腹
  • クレッグ鉱山螺旋の中腹。
T字
  • 螺旋最上部のT字路の事。螺旋上とも。鉱山東口と南口に繋がっています。
  • 3種族共にココが聖戦時の最重要拠点になっています。キャタピラの車両が目印でありバリケードとなる
北口
  • 鉱山北口の事。最下層へ通じるルートの一つ。
東口
  • 鉱山東口の事。最下層へ通じるルートの一つ。
北東口
  • 鉱山北東口の事。最下層へ通じるルートの一つ。
西口
  • 鉱山西口の事。最下層へ通じるルートの一つ。
南口
  • 鉱山西口の事。最下層へ通じるルートの一つ。
南西口
  • 鉱山南西口の事。最下層へ通じるルートの一つ。
最下層
  • 螺旋を下った大広間の事。螺旋と鉱山西口、南西口、北口の通路がここに繋がっています。
ハッチ
  • ジョイント。壁。各鉱山入口から螺旋に至る間にある空間と空間の繋ぎ目のこと、多角形の出入口が開いており、ここに防衛ラインを敷くことが出来る。
レール
  • ハッチで仕切られた空間の呼称。レールが目印となる。
貨物車
  • ハッチで仕切られた空間の呼称。貨物車が目印となる。
最下層部屋
  • 「中央鉱山最下層採掘現場」の事。
  • ココの採掘権を掛けて聖戦が行われます。
  • 聖戦時間以外はホーリーストーンキーパーがいます。
B坂
  • ベラ坂、CCUの北北西、コラ側のベラ進行ルート入り口の坂。ベラに対するコラ側最終防衛ライン(座標:T10〜S9辺り)。
ハラム
  • ハラムへの通路。CCU、B坂の北北西。
P8
  • コラに対するベラート側防衛ラインの一つ。B坂の西。旧鉱山MAP座標。
M8
  • コラに対するベラート側防衛ラインの一つ。鉱山北口の西の峡地、旧鉱山MAP座標。
K9
  • コラに対するベラート側防衛ラインの一つ。M8の西、峡地、旧鉱山MAP座標。
I10
  • BCU東北東の広地、集合地点の一つ。西北西へ進むとBCUへ至る。旧鉱山MAP座標。
F/G坂
  • BCU南の坂、旧鉱山MAP座標。
ソルス
  • ソルスへの通路。BCU南南西。
E13・14
  • F/G坂の南、鉱山西口の手前。旧鉱山MAP座標。
車庫
  • アク、ベラ進行ルートにある。跡地、駐車場、フェンスとも呼ばれる。
    鉱山西口、南西口の中間地点。ゲリラ戦の場。
    タゲを切断できる廃車と、できない廃車があり、ここを知り尽くした者は単騎で1PTを相手にできるといわれています。
跡地
  • 鉱山南西口手前と鉱山南口の間にある廃坑跡地。アク、ベラ進行ルート。
A坂
  • アク坂。CCU南側の大きな坂。下ると鉱山東口、T14へ至る。アクに対するコラ側最終防衛ライン。
高台
  • 丘。A坂の南の丘。東に下ると鉱山東口、南はアクコラ防衛ライン。T14へ至る。
    アクのCCU攻撃ルートの一つ。
    南丘下からA坂を上るルートと丘上からA坂中腹に出るルートがある為、アク軍のコラ奇襲に使われる。コラの重要哨戒ポイント。
T14
  • コラに対するアク側防衛ラインの一つ。旧鉱山MAP座標。
    一般的な防衛時にはT14〜T16辺りまでで追撃を止めることが多い。
R18
  • コラに対するアク側最終防衛ライン。ボトルネックとも呼ばれる狭地。BN。旧鉱山MAP座標。
    一般的な防衛時にはT14〜T16辺りまでで追撃を止めることが多い。
213
TR木
  • T15とR18の間にある木周辺。コラがACU侵攻の際、集合地点として使われるポイントの一つ。

修正・報告コメント 編集

wikiの編集ができない方は記入しておいて下さい。基本的に反映された・解決した・無関係なコメントは削除します。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia