Fandom

RF Online Database

RF online Database/Tokusetu/War/hakuhei

< RF online Database/Tokusetu/War

648このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
白兵戦闘の心得
白兵とは、突く・切るなどの機能を持つ武器、すなわち刀・剣・槍・銃剣を総称する「白刃」、を装備した兵種を意味する。
白兵戦において、重要なポイントは次の3つ。攻撃、防御(回復)、立ち回りである。
目的
敵種族PCを攻撃
敵種族CUを破壊して、チップを獲得
用語集
【CQB】
CQB(近接戦闘、Close Quarters Battle)は比較的に敵との間合いが短く、歩兵が主体となって行われる戦闘をいう。近接戦闘は小数の歩兵により、徒手格闘、短剣格闘、銃剣格闘、直接照準射撃を駆使し、敵に対して接近して行われる戦闘である。特に室内戦闘、市街戦において地形の特性から発生しやすい。広い視界と射界が得られ、ある程度距離を置いて敵を発見し、小銃、機関銃、火砲などを以て殲滅しようとする野戦、森林戦、砂漠戦、山岳戦などの戦闘と区別される。近接戦闘では、短機関銃、拳銃、手榴弾、スタングレネード、ナイフなどの装備を用いた、各種格闘技術が確立されている。
【会戦】
会戦(pitched battle)は陸軍部隊が比較的に大規模な戦力を準備して互いに対峙し、直接的かつ全面的な決戦によって敵を圧倒・撃滅しようとして起きる戦闘である。会戦は敵を圧倒殲滅することを狙い、概ね軍以上の大規模な戦力を以て行われる戦闘であり、場合によればその戦闘の前後の機動を含める。複雑な地形では会戦の形態上から戦闘展開が困難であるために、通常は野戦の形態をとる。戦闘教義、兵器などの発展のためにその意義は低下している。
【遭遇戦】
遭遇戦(meeting engagement)とは、敵味方いずれか、または両方の戦闘態勢が不十分な段階で開始される戦闘である。攻撃の一段階と考えられている。全く予想していない態勢で行われる遭遇戦は「不期遭遇戦」と呼ばれる。遭遇戦においては敵味方共に敵情不明となる場合が多く、混乱が生じやすい。遭遇戦の経過は極めて迅速である。特に敵と接触してから攻撃するまでの時間は非常に短い。すなわち初動の態勢によって遭遇戦の結果は大きく左右される。また遭遇戦は指揮系統が混乱しやすくなるため、指揮官の戦闘指導の重要性は高い。
【ターゲット優先順位】
攻撃目標に優先順位をつけること。
杖>両手近接>遠隔武器>盾 が一般的
【ランカー】
かつては種族長、副種族長を意味したが、現在は、種族長グループ構成員や3等級以上のギルドマスターのいわゆる「エフェクト付き」を指す。
ランカーの名前と特徴は覚え、注意を払うべき。
指揮官は敵、味方のランカーの従軍情報(偵察情報)を把握すべき。
例)高攻撃、高防御、高回避、高命中
【エース】
精鋭の兵士の意。種族貢献度ランキングでエース階級の者。LV50 ・自種族全員との相対的な貢献度 が上位である場合になれる。
最も危険度の高い戦士であり、ランカーと同等の実力を備えている可能性が高い。
【先陣】
ファーストアタッカー。FA。先駆け。先立って敵中に攻め入る部隊のこと。
【視野】
目視とレーダー視がある。物陰などでは目視では見えないが、レーダーに映る場合も多い
敵背面の死角から攻める事は、目視からレーダー視に切り替え降り向く一瞬の利がある。
【ガンマ変更】
洞窟等の暗い場所でオプションのガンマ設定を変更することで、視界を明瞭にすること。
【K視点】
K視点(真上視点)を使うと敵のリーチと味方火力の射程が一目瞭然になります。
【ターゲット合わせ】
攻撃目標を同じくし、一斉攻撃をすること。アップデート「超越の刻」で、ターゲットシステムが導入された。
【キー移動】
キー移動で方向転換をしない横移動、後退をすること。「H」キーで切り替え。
【コンボ】
ディレイ時間を考慮したショートカットのキー配置により、連続で攻撃をすること。
【クリティカル】
致命的な攻撃の意。RFではクリティカル=HP回復不能=行動不能スタン状態、である為、クリティカルが出れば戦闘に勝つ確立が格段に上がる。
【混沌のタリック】
武器アップグレードに使われて相手を一時スタン状態にする効果を持つ。凶悪な効果を持つ事で有名。
【無知のタリック】
武器アップグレードに使われて攻撃力を高める効果を持つ。武器アップグレードでは最も使用頻度が高い。
【破壊のタリック】
武器アップグレードに使われてダメージの一部をHPで吸収するバンパイア効果を持つ。
【武具の利】
ウェポンの長所、短所のこと、またそれを知ること。
クラスによって得意とするウェポンが決まっている。また、ウェポンによって性能差がある。


名称 攻撃力 クリティカル率 速度 威力幅 射程
ソード
アックス
メイス
スピア
名称 攻撃力 クリティカル率 速度 威力幅 射程
ボウ
ガン
スロー ○(※◎)
【フットワーク】
足裁き。タゲを取られない様に小刻みに移動すること。
【シャイニングカット】
近接初級スキル、装備限定(kn sw ax sp)、相手単体
【ブロー】
近接初級スキル、装備限定(kn ax ma)、相手単体、大きく振りかざして攻撃する。
【ブリック】
近接初級スキル、装備限定(sw sp)、相手単体
【ワイルドレイジ】
近接初級スキル、一定時間、接近戦の攻撃力を増加させる。
【アキュレイト】
近接初級スキル、一定時間、接近戦の命中率を増加させる
【エクステンディング】
近接初級スキル、一定時間、接近戦の有効距離を伸ばす
【デスブロー】
近接中級スキル、力を込めて振り下ろし攻撃をする。装備限定(近接武器)、自分中心範囲攻撃
【クラウドチョプ】
近接中級スキル、強く突き上げて攻撃する。装備限定(近接武器)、自分中心範囲攻撃
【デスハック】
近接中級スキル、X型の連続攻撃を繰り出す。装備限定(近接武器)
【エイドストレッチング】
近接中級スキル、一定時間、スキルの持続時間を伸ばす。
【コンセッション】
近接中級スキル、一回に限り物理的攻を回避し、相手に反撃ダメージを与える。
【ディジー】
近接中級スキル、一定時間、対象が装備している盾を無視した攻撃を行う、BLOCK無視成功時はエフェクト発
【デープインジュリー】
近接上級スキル、回転して周囲の敵を攻撃する。装備限定(近接武器)、自分中心範囲
【プレッシャー】
近接上級スキル、ジャンプして切り下ろして攻撃する。装備限定(近接武器)、相手後方範囲
【スラッグフラット】
近接上級スキル、強力な振動が、対象を貫いてダメージを与える。装備限定(近接武器)、相手単体
【ブルズアイ】
近接上級スキル、一定時間、接近戦のクリティカル確率を増加させる。
【スラム】
近接上級スキル、自分に掛けられたすべてのフォース/スキルを解除する。
【デストロイア】
アクレシアのウォーリア系一次職。スタミナを消費して敵を連打する「マングル」、短い時間、回復力を増加させる「シールドバッテリー」のクラススキルを持つ。
【パニッシャー】
アクレシアのウォーリア系二次職。攻撃力がある前衛なので撹乱・遊撃・護衛など幅広い立ち回りが出来る。一時的に対象に出血させ持続的に体力が減少させる「レイジブロー」、磁気網を使い一時的に対象の移動を制限する「マグネチックネット」、自分の腕に磁力を通して力強い攻撃力と正確性を得る「マグレチックアーム」といったクラススキルも強力。中でもネットは敵の自由を奪う点で、凶悪である。
【アサルター】
アクレシアのウォーリア系二次職。高火力が売りのクラスであり、一時的に高火力となる「キャパシティエンジン」と防御力増加「リミットゲージ」を使えば、切り込み隊長の役目は十分に果たせる。デスアサ(デストロイア経由アサルター)は低回避相手ならばアクレシア前衛中で火力トップ。グラアサ(グラディウス経由アサルター)は攻撃、防御のバランスが良く普段は盾持ちでタンカーを兼ねる。
【白兵戦ベラート最強説】
機甲と随伴歩兵の連携、キャラクターが小さくターゲットが取り難くい、聖フォースの回復支援等、ベラート連邦は野戦において最強とも言われる。韓国バトルトーナメントでも55青機甲が登場し、ベラートのチームが活躍している。
【コマンド】
ベラートのウォーリア系一次職。120秒、近接攻撃+25%攻撃力を増加させる「ハウル」のクラススキルを持つ。
【バーサーカー】
ベラートのウォーリア系二次職。瞬間ATKはベラート連邦でトップ、野獣のような眼で攻撃を避け力強い攻撃をする「ビーストアイ」と「アジリティ」により回避も高い。一時的に対象の移動速度を減少させる「レイバリングブレス」も重宝する。槍と剣を使ってダメージを比べたところ、槍は攻撃力の低い場合が多く発生し、剣は最大ダメージでは槍に負けるが、合計ダメージでは圧倒的に剣のほうが高い(スキルでは不明)。対人では「ブルズアイ」により槍の最大火力が生かせる。身を回転させて力強い連続攻撃をする「ダブルクラッシュ」もある。
【アームズマン】
ベラートのウォーリア系二次職。非ダメ1でも必ずスタンさせるメイス専用クラススキル「ジャッジメント」がある。一時的に対象のSPを減少させてSP回復を制限する「スタミナゼロ」、240秒、近接/スキル命中+50の完璧な武器攻撃を行い攻撃を外すことがない「パーフェクト」など、範囲スタンスキルと組み合わせて翻弄が中心となる。
【チャンピオン】
コラのウォーリア系一次職。
【テンプルナイト】
コラのウォーリア系二次職。高命中に高火力。高装備ならば一人でベラ回避やアクストCGを蒸発させられるが、デバフやバフ解除されると弱体化する為、一撃離脱型が推奨される。回転力を利用した力強い攻撃「フルスイング」、一時的に自分の移動速度を上昇させる「スプリント」、神官の祝福で得た能力で攻撃力を強化させて正確度を高める「グレイス」のクラススキルを持つ。
【ガーディアン】
コラのウォーリア系二次職。前職がナイトかチャンピオンで特性が変わる、防御、回避、攻撃いずれかの方向性を決めた方が良い。聖戦では前線でクラススキルの30秒、全ての攻撃-50%減少させる。
「マッスルブレーク」、と自分のスキルディレイを減少させる「クイックチャージ」で、デバフを掛けての離脱が役目。
【パイモン】
コラのサマナー、グレイサーの召還する近距離攻撃型のアニムス。PBのタケ取りに活躍するが、聖戦では盾として使いづらい。
特設
署名ギルド広報エラン攻略状況旧エラン攻略状況
聖戦 暗殺/白兵/火戦/輸送/衛生/核兵器
工作/偵察/防衛/重装/近衛/指揮/遊撃
名戦
韓国 クラススキル
(→アクレシア
(→ベラート
(→コラ
種族別指南 アクレシア
ベラート
コラ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki