FANDOM


RF online Database/Tokusetu/sinantop

戦術指南@コラ 編集


基本 編集

  • 【種族の連携】
    • 忘れてはいけないのは、コラの種族特化技能はアニムスということ
    • レベリングや熟練上げは気長に単調につづけられることが、一番、からの、属性系マントという選択肢からの、つながっていく、みえてくるみちのりをかんじるのだ


  • 【コラの種族特化アニムス】
  • イシス
    • アニムスの中で一番攻撃力の高いアニムス。聖戦時のメイン火力。攻撃速度は中。
    • イシス単体でも火力になるが、使用者(サマナー)の攻撃力を上回ることは稀なのでPBやガードしない目標に対する補助火力程度。聖戦で活躍させるためには、ありえないぐらいの勢力が必要。


  • ヘカテ
    • アニムスの中での攻撃力は中。攻撃速度は速。攻撃は範囲攻撃(相手中心範囲?【要検証】)
    • 攻撃速度が早く、攻撃にはクリティカル率があるので範囲狩りや対人ではお勧め。
    • また、回避が高いので味方をMOBから助けるときに使役されるる。
    • 火力系アニムスとしての使い勝手は、イシスよりもこちらの方が初心者にはお勧め。


  • パイモン
    • アニムスの中で攻撃力は低い。攻撃速度は遅。防御力の高い近接型アニムス。
    • アップデート後に防御力・ヘイト引きが下がったため現在はお飾りなアニムス
    • アクティブのMOBがいる場所を通る時や、対人時の目隠し等に使用するのがベター。
    • 我慢して使い続ければ、お飾りと呼ばれるほど防御力が強靭なので、パイモンを当て続けるだけでMOBが狩れるようになる。難度の高いクエストもこれだけでクリアできる。召喚士に狩りのスキルが身に付かなくなってくるのが難点でもある。
    • 狩人の洞窟のなかに立っているクライアントがパイモンを研究していた(??)


  • イナンナ
    • コラ唯一の対象回復。連携における使用方法の研究が待たれるアニムス。聖戦には、コラのゆうしゃに対象を添えておいて、さもなーが後ろからついていくという救援術によるるいなんなの回復まほうがきたいされr
    • 防御上げや熟練上げ以外では、味方を回復するのに使役される機会が多い。スキル熟練もステータス熟練もGM、カンストさせるものと思っている中の人たちには相変わらず重宝されている、らしい。

対人戦 編集

  • 【隊列の重要性】
    • 集団戦闘において、如何にして、敵の隊列を乱し、味方を援護し、敵を各個撃破するか
    • 高火力のグレイザーの召喚するアニムスは他種族の種族特化技能と比べても、機動性において優れている
    • 疑似盾、マッスルブレイク、スタナー、早く走る
    • 可及的なデバフのススメ
      • 風上級ボディイクスクルード・・・厳密にはデバフではなく、スキルのような挙動で使用可能なため、フォースコアさえ手に入れば、積極的に使っていきたいフォース。敵の動きを一手遅らせることができるかもしれません。
      • 水中級シーリング・・・対人戦のスキル使用優先頻度は、上級スキル、クラススキル、中級スキル、初級スキルの順が主になる。上級・クラススキルは強力なため、スキルの攻撃力を下げるシーリングは、極めて有効。ポーションによるHPの回復が間に合うか間に合わないかの対人戦闘において、味方の生存支援に効果が期待できる。
      • その他中級以下のデバフフォースもフォースコアレベル5以上なら、攻撃隊支援に効果が期待できる。最低でも4はほしいところ。それ以下では聖戦参加自体厳しい。
      • マクロ-アクションの登録・・・聖戦に出られるようになったら、マクロのアクションも積極的に活用しよう!風上級ボディイクスクルードから土中級ディソレイトの連続デバフ攻撃や相手が一撃の大きい種族長クラスのプレイヤーならディスマンテルだけでなく続けてブロックも狙っていこう。後方支援があれば近接物理職だって輝く!
    • ノーデイレイ3000ポーションは持ってて、1週間分20~50個。99個以上持っていることはまずないと思います。基本、この水準も維持することは不可能なため、隊列維持保全のための盾職の地力が求められています。
    • RFZにおける近接職、前衛職はどうすれば敵からのタゲを集められるかの研究が急がれます。
    • これからの近接職は盾装備で接近して、素早くメイン武器に持ち替えて攻撃の動きを意識しよう。いつも使っているショートカットリストにはスキルやフォースだけでなく、武器やアドレナリンポーションもセットできますよ!


  • 【デバフの重要性】
    • デバフは相手の戦力を下げ、こちらが優位に戦うために必要不可欠。「デバフがあったから勝てた」という状況が極めて多い。
    • 初級フォースは全職共通で使えるので、杖(ウィンドアビ推奨)と対人デバフは持っておきたい。


  • 【初級フォースデバフの運用】
    • 初級デバフで効果が高いのが、水初級ウィークネス、土初級ミュートソウル、この二つ。
      • ウィークネスはコアレベルが高いものであれば、相手の防御力を%単位で下げることができる、それ以外はリフレ&キュアグレ対策の埋め用。
      • ミュートソウルは相手のデバフの使用を制限する。(主に対ベラ) 初手にかけられれば相手の行動を一手遅らせることができる。


  • 【中級~上級フォースデバフの運用】
    • 中級以降のデバフは強力なものが多く、これら無しで対人戦で勝利するのは難しい。
    • 対人戦で最も使われるデバフは、水上級2種、土中級上級4種、風上級2種の計8種のデバフ。


  • 【水上級2種 ブロック・デュリング】
    • ブロックは相手の命中・回避を下げる。コアレベルが高ければ効果が期待できるが、低いうちはやはり埋め用。
    • デュリングは使用する機会が一番多い。(それだけデュリングが有効な敵が多いということ。使用者目線で見たとき、敵プレイヤーが回復役、援護役、攻撃役問わずほぼ必中というデバフらしいです。相手によってデバフを使い分ける遅れが生じない。ちなみに物理職によるスタン(クルティカル)攻撃も相手問わずほぼ必中です)
      • デュリングは相手の攻撃速度、スキルディレイを遅くする効果がある。
      • 主に使用する相手は、アクのストライカーやスペシャリスト、ベラのフォサ全般(ヒールの使用頻度を下げる為) 対近接や遠隔にも効果が期待できる。


  • 【土中級2種 スピンアウェブ・ディソレイト】
    • スピンアウェブは相手を徒歩状態にする。逃げる相手や追撃してくる相手にかければ効果は大きい。
    • ディソレイトは相手の強化バフの使用を制限する。意外と見逃されがちだが極めて優秀なデバフ。
      • 主に使用する相手は、アクのスペシャリスト、ベラのアストラリスト(自分石化の危機回避スキルを使用させない為)
      • また、マーセナリーやシールドマイラーの盾職と呼ばれる相手に効果は抜群(盾職はクラススキルで防御力&ブロック率が大幅に上昇する為)


  • 【土上級2種 ディスマンテル・グロウラックス】
    • 全デバフ中、使用頻度が最も高いのがこの2種。
    • ディスマンテルは相手の攻撃スキルの使用を制限する。一撃が大きいアクのストライカーや近接職、遠隔職に効果絶大。
    • グロウラックスは相手の攻撃フォースの使用を制限する。対ベラに非常に効果的なデバフ。
      • 相手を発見してフォサならグロウラックス、それ以外ならディスマンテルをかければ、かなり優位に戦うことが可能になる。相手にデバフがかかっている間は、相手プレイヤーの攻撃によるCU減少速度を半減させられていると見ていいと思います。


  • 【風上級2種 ボディイクスクルード・ソウルイクスクルード】
    • ボディイクスクルードは相手の強化バフスキルを全解除する。これは特に遠隔職に有効。
      • 遠隔職のバフ、クウォーラルリロード(遠隔攻撃速度UP)、エバーション(回避UP)、クリンチング(クリティカル率UP) これらが消えることでかなり有利。
    • ソウルイクスクルードは相手の強化バフフォースを全解除する。職を問わず対ベラに有効。
      • ベラの光バフのホーリーシールド(防御力UP)、アジリティー(回避UP)、インクリーススピード(移動速度UP) これらが消えることでかなり有利。
    • また、上記2種は厳密にはデバフではないので、ミュートソウルがかけられても使えるので覚えておこう。
    • 対ベラなら、攻撃力を減少させるために、ボディイクスクルード、生存率を低下させたければ、ソウルイクスクルードという捉え方もあります。対アクならボディイクスクルード一択です。


  • 上記に解説した8種がすでに敵にかかっている場合は他のデバフで埋め(解除対策)をするのも有り。


  • 【リフレの重要性】
    • デバフは全て勝敗を左右するほど強力なものばかり。
    • であれば、味方にデバフがかかっているとこちらの戦力が下がっているということ。
    • 対人戦の場ではできるだけPTを組んで、後方からリフレに徹するのも戦闘に大きく貢献していることになる。


  • 【アニムスの運用】
    • 聖戦時は、自CU付近ではヘカテ、敵CU付近ではイシスを召喚しておくのが基本です。分かってるんなら、火力上げる!という意味でも基本です、最近は特に
    • 種族の数の力、デュアル職のサマナーを生かすための運用方法を検討するときにきているのではないでしょうか。
    • アニムスはそれぞれ特性が違うので場面によって使い分けるといいでしょう。(詳しくは上記基本を参照お願いします)

狩り全般 編集

  • 【PT狩りの基本構成】
  • 理想構成盾@2(K、BK、KGD)火力@6(杖2~6.近遠0~4)
  • 最低構成盾@1(K、BK、KGD)火力@7(杖3~7.近遠0~3)
  • 【PTLは必ずメイン盾】
  • 【盾職の狩りのルール】
  • すぐ死んでしまいそうな敵には高補正のレオンのナイフを装備して対抗する。
  • スロー憎悪+4の射程+ディス射程で遠くの敵を引き付けれるのでリンクが最小限に抑えられ、アクティブMoBも最小限に抑えれますので狩りの効率が上がる。
  • 敵を引き付けたら高補正のレオンのナイフを装備して生存率を上げる。
  • メイン盾は敵に矢印をつける(Shiht+クリック)矢印のMoBを引き付ける。サブ盾はメイン補佐2匹きたならどちらかをディス。いっぱいきたら交互にシャウト。
  • 【火力役の狩りのルール】
  • 火力役は盾が攻撃またはディス、シャウト(音またはエフェクトで判断)をしたら矢印のMoBを一斉に攻撃。

バトルダンジョン全般 編集

  • 【49以下BDについて】
  • 殲滅系BDでは引き付け役が必須。高回避または高防御の人が先行してMoBを集め集まった所を一気に範囲攻撃をぶち込む。
  • ボス系BDでは盾職と高回避または高防御の人が一人ずつ必要である。盾職はボスを引き付ける。高回避、高防御の人がザコを倒して時間稼ぎをする。(火力に自信がないなら一人同行してもらう)

ピットボス全般 編集

職別 編集

  • 【K(ナイト)&KGD(ナイトガーディアン)&BK(ブラックナイト)】
  • KとKGDはBKは主に防御とブロック率、自然治癒能力を高めるスキルを持つ盾職になります。
  • 盾職は高補正のレオンのナイフ(HP+13%,防御+30%,ブロック率+8%,移動速度-2.00)とスロー+憎悪4↑の物を揃える。
  • 防御力の大小はBK>KGD=K
  • 【K】
  • Kになると覚えるディスアビリティー(ディス)はMoB単体を【確実】に自分へターゲットに強制させます。
  • 低LvのMoBを先行して引き付け、PBの本体とガード、メイン、サブ盾が主になります。
  • 【KGD】
  • KGDはスキルで全スキルディレイを-3秒にできるのでディスが早く使うことが出来ますので流れる事はありません
  • スキルで相手の攻撃力を大幅減少もできます
  • サブ盾が主になります。場合によっては先行でMoBを引き付け、PBの本体とガード、メインをやることもあります。
  • 【BK】
  • BKになるとシャウト覚え自分の周りのMoBを自分へターゲットに強制させますが、【高確率(失敗することがある)で成功する強制】なので注意!
  • BKのヒフノティックパワーは防御を大幅に上げますが、攻撃力が下がってしまうので盾役をやらない場合は使わない方がいいでしょう。盾役が(3人)居るとき内の一人はヒフノを外してもいいでしょう。【ただし!PT全員の同意をもらってください】
  • 先行でMoBを引き付け、PBの本体とガード、メイン、サブ盾が主になります。

装備強化指針 編集

修正・報告コメント 編集

wikiの編集ができない方は記入しておいて下さい。基本的に反映された・解決した・無関係なコメントは削除します。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki